汗腺が「わきが」の原因

「わきが」の原因は「汗腺」にあります。

汗腺から出る分泌物が、わきの細菌で分解され、いわゆる「わきが臭」が発生するのです。

エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺、以上の三種類の汗腺が「わきが」の原因と考えられており、「わきが」の人は、この汗腺の数が多かったり、大きかったり、または細菌の数が多い等の原因が考えられるようです。

とりわけアポクリン汗腺は、わきが最大の原因と言われています。

アポクリン汗腺自体は雑菌から守るという機能があり臭いもないのですが、アポクリン汗腺から分泌されるタンパク質、アンモニア、鉄分、脂質、脂肪酸などが細菌に分化され「わきが臭」が発生します。

そもそも全く匂いのしない人間というものは存在しません。

人間は生きていく上で必ず何らかの臭いを発します。

自分の体臭を過剰に気にしすぎるのも良くありません。

それゆえ、わきがの治療はわきがの臭いを無くすことが目的ではなく、普通の体臭と変わらない程度に改善させることが目的になります。

何事も意識のし過ぎはストレスの原因になるので注意しましょう。